一度にリフォームすると高額の支払いが待っています

一度に沢山のリフォームは無理がある

住んでいる家は時々の手入れが必要です。
最新で購入した機器もそのうち壊れます。
期間を考えて家のメンテナンスをする必要があります。
家も日々老朽化していきます。

当たり前のことなのですが、住宅ローンなどのことを考えることが精一杯ですのでリフォームにまで頭が回らないのが一般的でしょう。
けれど、気づいた時がリフォームを考えるチャンスです。
住宅ローン返済とともにリフォームにかかる費用も計画的に積み立てておくことが重要だと考えられます。
例えば、外壁の塗り直しですが、大体100万円から120万円かかると言われています。
安くはない出費ですが必要ならば仕方ありません。
キッチン、浴室、トイレなど経年劣化によって直さなければならない箇所が満載です。

普段からリフォーム代としてコツコツ積み立てが必要です。
どこをどんな風に直すかによって予算も様々です。
どれくらい費用が必要か見積もりを取ることも重要ですよ。

リフォームはお金がかかる

築年齢に合わせてリフォームする内容が変わってきます。
ざっくり5年から10年周期で見るのが普通です。
ということは、新築5年から10年の間にリフォームは始まるということです。
室内クロス汚れ、給湯器故障などちょっとした不具合から始まります。
このちょっとした不具合にも10数万円かかりますので日頃からその分の貯蓄をしておきましょう。
そのあとの10年程度では、壁の塗り直しなどが発生してきます。
こちらは100万円から120万円程度が妥当ですので、計画をしっかりすることを考えておきましょう。
安くはありませんので、新築の時から準備しておく必要があることはお分りいただけたと思います。
住宅ローンの他にリフォーム貯金をコツコツとしていくこと前向きに取り組むことで老後のライフスタイルの品質が向上するのです。


この記事をシェアする
TOPへ