自分も家も同じように年齢を重ねるということを忘れていませんか

特に使えないという訳ではないのだけれど

自分の家は格別ですよね。
愛着ある我が家、これからも長く住んでいきたいと考えるのは当然です。
若い頃に建てた家も、そのままでは劣化してしまいます。
計画的にメンテナンスをすることがより長く住むための秘訣です。
築年数5年から10年周期で考えるのが一般的のようです。
はじめの5年から10年では小型給湯器や洗面所の鏡、浴室の扉などが劣化し替え時を迎えます。
10年から15年では外壁の亀裂が顕著に目立ってきます。またキッチン、浴室などの水回りも不具合が出てくる頃です。
15年から20年では給排水管や土台などの老朽化が目立ってきます。大掛かりな修繕が必要になってきます。
老後のライフスタイルによっても改築等が必要になってくると考えられますので、お金も相当かかります。
そのためにも準備をしておきましょう。

もっと使いやすいキッチンにしたい

家は建てて終わりではありません。
長く快適に住み続けるためには、それなりのメンテナンスが必要だということはお分かりだと思います。
なんのメンテナンスもしなければ、家の寿命は30年程度と言われています。
計画を立ててリフォームすることによって寿命を延ばして、これからの高齢化社会の終の住処として快適に暮らしていきたいものです。
大体のリフォームタイミングを知っていることでより計画的にメンテナンスすることができます。
外壁は築10年から20年の間で行うのが一般的です。周りの環境にもよりますが、風雨にさらされて私たち家族を守ってくれる家を覆っているわけですから、メンテナンスを怠るわけにはいきません。怠っていると、塗装にヒビが入り、家の構造部分にも劣化が進んでしまうのです。
塗膜の剥がれなどのサインが出てきたらリフォームタイミングです。後回しにしないでメンテナンスしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ