自分も家も同じように年齢を重ねるということを忘れていませんか

まだ壊れているわけではないのだけれど、気になり出したら、気になってきて、だんだん不安になっていくのが、リフォームのタイミング。 だいたい10年を過ぎる頃気になり出すことが多いようです。 皆さんはどんなタイミングでリフォームしているのかとご近所が気になります。 リフォームの頃合いを調べてみましょう。

ちょっとキッチンが気になるという程度で検討するとどうでしょう

同じ頃に建てたご近所さんがリフォームを始めると、やはり我が家は大丈夫かしらと気になります。
いつどこを直せばいいのかしらと誰しも心配になります。
雨漏りするなどは急いで直すべきですが、そんな突発的な問題が発生しない場合はリフォームしようという気にならないものです。
それでもご近所さんが外壁の塗り直しをし始めると、夕食の話題に出てきたりして、だんだんと家の外壁も塗り直しましょうかということになるのですが、実はもっと計画的にリフォームは考えた方が良いのです。

リフォームは最適なタイミングあります。
そのタイミングを逃してしまうと、修復が困難になってしまったり、工事費用が高くなってしまったりするのです。
リフォームの時期としては、平均的に、築5年から10年、築10年から15年、築15年から20年にその時期はやってくるのです。
まず、築5年から10年に、小型給湯器や浴室のドアなど早めの小さなリフォーム。
築10年から15年に外壁に変化が出てきます。
亀裂などを修復するために塗り直すのも良いでしょう。
築15年から20年排水管など見えない部分が老朽化します。

人と同じように家も成長し、老いていきます。
人の体もメンテナンスが必要ですが、同様に家もメンテナンスが必要なのです。
計画を立ててリフォームすることで一緒に長く過ごすことができるのです。
人が一生の中で一番大きな買い物と言える家の購入です。古くなったからといってすぐに買い替えることができる人は稀でしょう。
だからこそ大切な家を大事にするためには、計画的なリフォームが必要なのです。

平らな道でつまずいたら、それはリフォームの合図

こういう家にしておけばよかったと年齢を重ねるたびにため息をついている人は少なくありません。 高齢化社会が進み、世の中の様々な箇所がバリアフリー化へと進化を遂げています。 我が家も少しは歳をとったときのことを考えて設計すればよかったと悔やんでも仕方ありません。 できるところをリフォームしましょう。

一度にリフォームすると高額の支払いが待っています

何か突発的に変化がみられれば、壊れた箇所をリフォームすれば良いでしょう。 では、今は壊れていないけれど、いつ壊れるのだろうと不安になりながら暮らすのは嫌ですよね。 家のどこに目をつけておけば、リフォーム時がわかるのでしょうか、一緒に見てみましょう。

上へ